レッスン内容

わらべ歌・童謡・絵本・楽器あそび・生演奏鑑賞(ピアノもしくはアイリッシュハープ)を中心に、レッスンを行っています。

 

わらべ歌


~わらべ歌で、赤ちゃんの音楽的土台作り~
わらべ歌は、5音音階(ペンタトニック)からできているものがほとんどで、親しみやすく、歌いやすいメロディーです。

5音音階による音楽は、他にも雅楽、中国の民謡、スコットランドの民謡、ガムラン音楽などにも見られます。

わらべ歌に親しむということは、様々な国の伝統的な音楽に親しむことにつながっているのかもしれませんね。

 

 

~わらべ歌は親子のスキンシップ・コミュニケーションを深めます~

 

 

わらべ歌は日常生活の様々なシーンで楽しむことができます。

赤ちゃんをあやすときに歌ったり、季節の行事で歌ったり、寝かしつけのときに歌ったり・・・

レッスンでは、わらべ歌を歌いながら、赤ちゃんの体に触れ、スキンシップを楽しむ方法をお伝えしています。

わらべ歌は昔から、おばあちゃんからお母さん、お母さんから子どもへ・・と引き継がれてきた、伝承音楽ですが、

核家族が一般的な現在、昔のようにはいかなくなりました。

そこで、こうしたレッスンで、みなさんにわらべ歌の楽しさをお伝えしています。

日本の文化継承につながればいいなと思います。


童謡


 ~童謡は赤ちゃんの音楽的感性を育みます~

 

わらべ歌は5音音階(ペンタトニック)によるものが多いですが、

童謡は、7音音階からできているものがほとんどです。

7音音階は、西洋音楽の音階。

ということは、童謡のメロディーは西洋で、歌詞は和ということになりますね。

童謡は西洋と和の融合なんですよ。

これは日本独特の文化です。

赤ちゃん時代からこうした音楽に身近に触れさせてあげ、感性を育みましょう。

 

 

 

 

~童謡で日本の四季を感じることができます~

 

童謡の歌詞は、日本の四季に関するものが多く、

日本の歳時記と大きく関わっています。

レッスンでは、童謡を歌うことプラス、

例えば、桃の節句の季節であれば、雛祭りの由来や、お雛様の並べ方など、

日本の行事についてもお伝えしています。


絵本


 

~絵本は視覚・聴覚同時に赤ちゃんの脳に刺激を与えます~

 

言葉もまだわからない赤ちゃんに、絵本を読んであげる意味はあるのでしょうか?

あります!あります!

言葉のリズムにのって、色や形がどんどん変化していく・・・

それだけでも、赤ちゃんにとっては貴重な体験です。

目で見て、耳で聴く・・視覚と聴覚と同時に働きかける絵本は、赤ちゃんの成長に役立つ必須アイテムです。

 

 

~絵本は親子のコミュニケーショに大切なもの~

 

ママが赤ちゃんに絵本を読んであげることにより、

赤ちゃんはママの声を認識し、安らぎを感じ、親子の絆を育みます。

レッスンでは、ママと赤ちゃんが初めて出会う絵本のひとときが

より良いものとなるように、良質なファーストブックをご紹介しています。

楽器遊び


 

~楽器あそびは脳を刺激します~

 

レッスンでは赤ちゃんサイズの小物楽器をご用意しています。

赤ちゃんは楽器を手にし、偶然の動きから「手を動かすと音がでる」

ということを発見し、音をならすことを学びます。

そのとき、赤ちゃんの脳は活発に動き、赤ちゃんの脳の発達にいい影響を及ぼしているでしょう。

 

 

~聴く力・集中力を育みます~

 

日常生活ではあらゆる電子音で溢れています。

レッスンでは、普段耳にすることがないような生の楽器の音をお届けしています。

その音がどこから聴こえるのか、目で探す赤ちゃん、

まばたきする赤ちゃん、

口を開けて聴く赤ちゃん、

手をぎゅっと握りしめて聴く赤ちゃん・・・

その様子から、赤ちゃんはその瞬間、集中して音を聴いていることがわかります。

生演奏(ピアノorアイリッシュハープ)


 

~癒しのひとときを~

 

レッスンでは、ピアノorアイリッシュハープの生演奏をお届けします。

ママが赤ちゃんを抱っこしてゆらゆらしながら耳を傾けたり、

椅子に座ってゆったり聴いたり・・・

赤ちゃんはうっとり気分で、ママはリラックス・・

 

「生」の音の心地よさからリラックス効果が得られ、その結果、ママは育児に対するゆとりを得ることができるでしょう。