初めての方へ


 

Baby musicは、音楽を通して、

 

・親子の絆を育むこと

・赤ちゃんの心身の発達を促すこと

・ママにリフレッシュのひとときをお届けすること

 

を目的としています。


プロフィール

高田なりみ

 

1992年大阪芸術大学卒業

卒業後、大手音楽教室に約10年間勤務。

2007年から岩津助産院 iwatsu's hanare mama&baby salonにて、

Baby musicを開講。

何よりも赤ちゃんと音楽が大好き!

また、若い人達に妊娠~出産の体験談を語るワークショップも

ライフワークとしている。

別ユニット、みんなでおんがく遊々とおんで、

幼児向け音楽会「どんちゃんぐりちゃんのおはなし音楽会」と題した音楽活動もしている。


Baby musicへの想い

私ごとではありますが、私は3人の子どもの母親です。

3人共成長し、今はもう私の手から離れつつあります。

3人が赤ちゃんだった頃を思い返すと、楽しかったことばかりです!

と言いたいところですが、楽しいと思えるようになるまでには、時間がかかりました。

赤ちゃんを産むまでの人生は・・・

 

学生時代は勉強をすれば成績という結果が得られ(大してしていませんが 笑)

社会人となってから、報酬という形で努力が報われました。

でも、赤ちゃんをお世話するのは、それまでの人生とは全く違う世 界で、

いくら気を配っても赤ちゃんは思うように寝てくれなかったり、

何をどうしても泣きやまなかったり・・・

思い通りにならないことだらけで、社会から孤立した気持ちになったものでした。

抱いている我が子を見て、この手を離したらどうなるだろうか・・と一度だけ思いよぎったことがありました。

なんと恐ろしいことか。

 

そんな時、私を救ってくれたのは家族でした。

 

夫が休日のとき、赤ちゃんを預けて外出したときのことです。

帰宅後、夫がこう言いました。

「ほんまに育児は大変やなー日給2万円!」

もちろんそれは冗談で、もらっていませんが(笑)

私はその一言で、随分気持ちがラクにな りました。

また、両親にもサポートしてもらいながら、育児は思い通りにならないもの、と感じ始めた頃から、

育児が楽しいものとなりました。

こうして夫や両親のお陰で、子育てライフが楽しく、充実したものになっていき、

イライラしたり、悩んだりしていた時のことが、今では懐かしい思い出です。

大げさな話かもしれませんが、子どもに愛情をたっぷり注ぎ、大らかに育てられた子どもは、

自己肯定的に育ち、ひいては他人に優しくできる子どもへと成長するのではないかと思っています。

そのためには、まず、ママ自身が子育てライフが楽しいと思えることがいちばんです。

かつて、私が夫や両親のサポートで、子育てが よりよいものとなったように、

今度は、私がBaby musicという形で、今、子育て中のママたちに、

赤ちゃんとの暮らしがもっと豊かになるようなお手伝いをしたいと思っています。

子育ての経験と、音楽講師としてのキャリアを活かし、

Baby musicで携わった親子400人以上。

 

 

全てのママに子育てしやすい環境を・・・

 

Baby musicはその一端でありたいと思っています。

 

明るい未来は子育てから・・・